『十角館の殺人』綾辻行人(著)

最終更新日

Comments: 0

 

今さらかもしれませんが、綾辻行人さんの『十角館の殺人』を読ませて頂きました。

 

ジャンルとしてはミステリーですが、

 

ミステリ好きの方であれば知らない人はいないのではないかと言っても過言ではない程の名作なのだそうです。

 

本格ミステリー界隈では、「綾辻以降」という言葉もあるそうな、、、

 

ですが、、、

 

今まで読む機会を逸していたのです、、、orz

 

ようやく、読むことが叶いました。

 

内容は、言わずもがなですが、本当にとても面白かったです。

 

特に、個人的には犯人の犯行中の心情にはグッとくるものがありました(^^♪

 

文章も読みやすいので、突っかかることなくサラッと読めてしまいました。

 

本作は、「館シリーズ」の1作目ということなので他の作品も是非読んでみたいと思います!

 


十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

HanZoRQ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする