ゲットウとアオノクマタケランとクマタケランの比較

最終更新日

Comments: 0

ゲットウアオノクマタケランクマタケランを比較してみました。


花は全然違うので、花期の区別は付きやすいのですが、、、

葉っぱだけだと区別難しいですね、、、orz


因みにそれぞれの学名はこんな感じです。

・Alpinia zerumbet(ゲットウ

・Alpinia intermedia(アオノクマタケラン

・Alpinia formosana(クマタケラン

ショウガ科(Zingiberaceae)のハナミョウガ属(Alpinia)までは一緒なんですね(^^♪
分類階級はこちらからどうぞ。


それでは、それぞれ見てみましょう!

〇ゲットウ

ゲットウの花
ゲットウの花(拡大)
ゲットウの実
ゲットウの葉の縁(葉縁)
ゲットウの葉の主脈(中肋:ちゅうろく)

〇アオノクマタケラン

アオノクマタケランの花
アオノクマタケランの花(拡大)
アオノクマタケランの実
アオノクマタケランの葉の縁(葉縁)
アオノクマタケランの葉の主脈(中肋:ちゅうろく)

〇クマタケラン

クマタケランの花
クマタケランの花(拡大)
クマタケランの実(若い果実. 熟すと赤くなります)
クマタケランの葉の縁(葉縁)
クマタケランの葉の主脈(中肋:ちゅうろく)



ゲットウとアオノクマタケランは花も実も全然違いますね(^^♪

ゲットウの花は肉厚な感じですが、アオノクマタケランは繊細な印象です。

(左:ゲットウ 中央:アオノクマタケラン 右:クマタケラン)



また、ゲットウの実には筋が入りますが、アオノクマタケランの実はツルツルです。

クマタケランはその中間形といった感じでしょうか。

(左:ゲットウ 中央:アオノクマタケラン 右:クマタケラン)
*クマタケランの実は赤熟します


ゲットウの葉には縁にも主脈にも毛があるのに対し、アオノクマタケランにはありません。

クマタケランは、やっぱりその中間という感じです。

葉縁
(左:ゲットウ 中央:アオノクマタケラン 右:クマタケラン)
葉の主脈
(左:ゲットウ 中央:アオノクマタケラン 右:クマタケラン)



そして、これら3種はそもそも生育環境が全然違います。

・ゲットウ       ⇒  人里

・アオノクマタケラン  ⇒  山中

・クマタケラン     ⇒  中間

(最終更新 2019.05.11)

HanZoRQ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする