ハス / Nelumbo nucifera

最終更新日

Comment: 1

 

ハスの花が咲いていました。

 

キレイ、というか美しいですね(*´▽`*)

 

「泥の中の蓮(はす)」

 

なんていいますけど、

 

自然の泥はそんなに汚くないよ!って

 

普段言っている私ですら、見惚れる御姿です(*´ω`*)

 

 

 

恥ずかしながらつい先日気がついたのですが、スプーンのレンゲってハスの花びらを模した形だったんですね!

 

花びらを見た時ちょっと感動しちゃいました(*´Д`)

 

 

 

ところで、良く“ハス”と“スイレン”の違いを聞かれることがあるのですが、

 

・ハスは、葉が切れ込まない + 葉が水を弾く

 

・スイレンは、葉が切れ込む + 葉が水を弾かない

 

って答えたりしてます。

 

あと、スイレンは葉が立たない、つまり水面より上に出ない

 

のに対してハスの葉は、水面より上に出る

 

とか、言われたりしますが、熱帯スイレンの仲間では実は

 

葉が立ったりするんです、、、

 

なので私は上述の2つの違いを主に答えたりしてます。

 

 

 

あと、以外に誤解してる方が多いのは

 

スイレンの漢字ですね。

 

「水蓮」ではなく「睡蓮」です。

 

「水」ではなく睡眠の「睡」です。

 

昼に咲いていた花が、夜には閉じて

 

また、翌日に開いて、そして夜には閉じて

 

という、開いて閉じてをおよそ3日間程度続けるからと言われています。

 

私自身は実際に観察したことはないので、機会があったら観察してみたいですね(^^♪

 

 

そういえば、ハスは以前はスイレン科に含まれていたのですが、

 

ヤマモガシ目ハス科に移動になったみたいですね。

 

ちなみに、スイレンの方は、スイレン目スイレン科です。

 

結構、離れちゃいましたね。

 

最近は目まぐるしく分類が変わるので追ってくのが楽しいです♪

 

 

分類

| ヤマモガシ目 Proteales

|   ハス科 Nelumbonaceae

|     ハス属 Nelumbo

|       ・ハス Nelumbo nucifera

 

 

参考

Wikipedia

YList

 

(最終更新 20180802)

 

 

 

 

HanZoRQ

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする