マガキガイ / Conomurex luhuanus

最終更新日

Comments: 0

 

海岸に落ちていた貝。

 

マガキガイに似てるけど、なんか違う気がする(*´Д`)?

 

と思って写真を撮ってみましたが、

 

どうやらマガキガイでよさそうですね(>_<)

 

 

沖縄の海岸では、マガキガイの殻が集中して捨てられていたりします。

 

なぜなら、この子が美味しいからです。

 

でも、資源量的な側面も考えていただいて、食べ過ぎないようにしてもらえるとありがたいです(TAT)

 

 

ちなみに、沖縄の方言では、“てぃらじゃー”とか言われますね。

 

分類

| 動物界 Animalia

|   軟体動物門 Mollusca

|     腹足綱 Gastropoda

|       吸腔目 Sorbeoconcha

|         ソデボラ / スイショウガイ科 Strombidae

|           属 Conomurex

|             ・マガキガイ Conomurex luhuanus

 

 

参考

JODC

『貝の図鑑  採集と標本の作り方』 行田 義三(著) 南方新社 (楽天Amazon

『標準原色図鑑全集3 貝』 波部忠重・小菅貞夫(著) 保育社 (Amazon

HanZoRQ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする