タイワンカモノハシ / Ischaemum aristatum

分類

イネ目 Poales

  イネ科 Poaceae

    カモノハシ属 Ischaemum

      ・タイワンカモノハシ Ischaemum aristatum
                           Plants Index

Memo

・単子葉植物イネ科カモノハシ属の植物
・穂が特徴的で、棒状に見えるが実は2分割であり、扁平な面で接している
・穂の形が、カモの嘴(くちばし:はし)に見えたころから、“カモのハシ”
・カモノハシ属は、世界の熱帯から暖帯に50種ほどが分布
・タイワンカモノハシの分布は、日本、朝鮮半島、中国、台湾、ハイナン、ベトナム、ボルネオ、ソロモン諸島など

参考

YList
Wikipedia
Plants of the World Online
・『琉球植物誌(追加・訂正)』(初島住彦, 1975)
・『日本イネ科植物図譜』(桑原義晴, 2008)

桑原義晴日本イネ科植物図譜

(最終更新 20211002)

HanZoRQ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする