ビロウ / Livistona chinensis var. subglobosa

最終更新日

Comments: 0

ビロウ Livistona chinensis var. subglobosa
ビロウの花序 Flowers of Livistona chinensis var. subglobosa
ビロウの花 Flower of Livistona chinensis var. subglobosa
ビロウの果実 Livistona chinensis var. subglobosa


沖縄では比較的よく見ることができるヤシです。

また、葉っぱを帽子(クバ傘)にしたり、団扇にしたり、ヒシャクにしたりと様々に利用されます(^^♪

ちなみに、味も美味しいらしく、味が勝るを意味するアズムサなんて方言もあったりするみたいです。

ビロウ林

たまに海に近い斜面の海岸林にビロウ林を見ることができます(*´ω`*)

ただ、ビロウの果実って上図のようにアーモンドチョコレートぐらいの大きさがあって、

転がりこそすれ、斜面を登れるとは思えないんですよね、、、

どうやって斜面を登ってるんでしょうかねぇ(;´Д`)

木のウロに生えたビロウの稚樹


ビロウの稚樹が木の股のウロから顔を覗かせていました!!

上述の通り、ビロウのタネは大きく重たいのでどうやってこんなところにたどり着いたのでしょうね、、、

・上部に位置するビロウの果実が、台風などの強い風で飛んできた。

・カラスなどの大型の動物が運んだ

思いつくものとしては、このぐらいですかねぇ。

はてさて、真相はどうなんでしょうか(*´Д`)


分布

日本では、四国の南部、九州および琉球列島に分布、国外では、台湾に分布するようです。


分類

ヤシ目 Arecales

  ヤシ科 Arecaceae

    ビロウ属 Livistona

      ・ビロウ Livistona chinensis var. subglobosa


参考

Wikipedia
YList

・『琉球弧・野山の花』(片野田逸朗 著)(楽天Amazon

・『ネイチャーガイド 琉球の樹木 奄美・沖縄~八重山の亜熱帯植物図鑑』(大川智史・林将之 著)(楽天Amazon

・『フィールド版 日本の野生植物 木本』(佐竹義輔ら 編)(楽天Amazon

(最終更新 2019.06.25)

HanZoRQ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする