アダン / Pandanus odoratissimus

最終更新日

Comments: 0

 

アダンの花が咲いていました!

 

分かりずらいので近寄ってみます。

 

 

タヌキのしっぽみたいでかわいいですね。

 

もっと近寄ってみましょう。

 

 

突起がたくさん見えてきましたね。

 

これが雄花です。

 

正確にいうと、雄花がいっぱい集まったものです。

 

 

そして、上(↑)の写真が雌花です。

 

 

拡大するとこんな感じ♪

 

 

ちなみに、これが実です。

 

まるでパイナップルですね!

 

実は、この子も食べられます。

 

甘くて意外と美味しいですよ。

 

でも、食べた後、のどがちょっとイガイガした感じになったので大量の生食には向かないかもですね。

 

ヤドカリさんも大好きだそうな。

 

ちなみに、新芽の付け根の白い部分も食べれます。

 

こちらも美味しいですよ。

 

でも、なんと言ってもアダンは見た目が南国っぽいですよね(^^♪

 

グリーンからオレンジのグラデーションが非常に美しいですし、青い空、青い海、白い砂浜と合います。

 

ちなみに、葉っぱの端と、真ん中の主脈に立派なトゲがありますので、触れる際は気を付けて下さいね(^^♪

 

 

分類

アダン  /  Pandanus odoratissimus

タコノキ科  /  Pandanaceae

タコノキ属  /  Pandanus

 

ちなみに、パンダナマイマイというカタツムリがいるのですが、実はこのアダンの属名であるパンダヌス(タコノキ属)に由来しているそうです。

 

パンダナマイマイさんがアダンの近くにいたからだとか、アダンが南国っぽいからとかいろいろ言われていますが実際のところどうなんでしょうね。

 

参考

wikipedia

YList

『琉球弧・野山の花』片野田逸朗(著)、大野照好(監修) (楽天Amazon

『琉球の樹木』大川智史・林将之(著)  (楽天Amazon

 

(最終更新  2018.07.27)

 

HanZoRQ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする