シロバナコモウセンゴケ / Drosera spathulata f. chionantha

シロバナコモウセンゴケの花
シロバナコモウセンゴケ全体

シロバナコモウセンゴケ(Drosera spathulata f. chionantha)の花が咲いていました♪

コモウセンゴケの花がピンク色なのに対してこちらは名前の通り白色です。

桃色もいいですけど、白は白でキレイですねぇ(*´ω`*)

学名の“f.”は“forma”の略で“品種”の意味です。

つまり、シロバナコモウセンゴケはコモウセンゴケと品種のレベルで違っているということですね。

因みに、よく出てくるものとして “subsp.” や “var.” なんてのもありますがそれぞれ “subspecies” “varietas” の略で、“亜種” “変種” の意味です。

それぞれの階層構造についてはココに備忘録がありますので参考にしてみてください(>_<)


分類

ナデシコ目 Caryophyllales


  モウセンゴケ科 Droseraceae


    モウセンゴケ属 Drosera

       ・シロバナコモウセンゴケ Drosera spathulata f. chionantha


参考

YList
・国際植物命名規約(ウィーン規約;2006;日本語版)

(最終更新 2019.05.08)

HanZoRQ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする